東京・赤坂の韓国デリヘル

港区のコリアンタウン

港区には赤坂や麻布十番といったコリアンタウンがあります。特に赤坂は都内でも有数のコリアンタウンとして知られています。赤坂は高級住宅街や高級料亭が多くあることで知られている街ですが、赤坂に事務所を置く韓国系企業(韓国企業の日本法人本部)がとても多く、韓国系企業のビジネスの中心地になっています。新大久保や上野は庶民派の街という印象がありますが、赤坂は少し違って高級感溢れる街並みといった感じがあります。しかしコリアンタウンの中心部になるとやはり韓国料理屋がたくさんありハングルの看板が目立ちコリアンタウンだということが実感させられます。

新大久保・上野・赤坂の3つを東京の3大コリアンタウンと呼ばれることもあります。お隣の麻布十番には「韓国大使館」があることから麻布十番にも多くの韓国人が暮らしていることから麻布十番もコリアンタウンと呼ばれることもあります。

赤坂の韓国デリヘル

赤坂や六本木が出張エリアとしている韓国デリヘルは結構あります。赤坂駅周辺の繁華街には高級韓国人クラブやコリアンバー、中国人の高級クラブがたくさんあるので、赤坂で働いている女の子がたくさんいます。高級クラブで働いている女性には、大学生(学生)が意外にも多く、高級クラブでホステスとしてアルバイトをしながら大学や短大に通っている頑張り屋の留学生がたくさんいます。出稼ぎで韓国から働きに来ている女の子も多く、就労ビザを持っていない女の子が働いていることがしばし問題になっています。

赤坂や六本木で韓国デリヘルを呼ぶお客さんは富裕層や財界人・著名人が多いことでも知られています。そのため、高級韓国デリヘルが多くトップレベルの女の子が在籍しています。このような富裕層たちは、高級ホテルにデリヘル嬢を呼ぶだけではなく、一晩を共にする「お泊りコース」や「デートコース」といった超ロングコースを利用する人が多いようです。このようなコースになると一日コースや半日コースといった感じになり、料金も5万~10万円と桁違いの金額になります。超VIPになればお小遣いでも相当な金額がもえることもあるようです。